menu
ログイン
home > 母乳研究  > 母乳のヒミツ  > 赤ちゃんにとってはとっても大切な中性脂肪!

母乳のヒミツ

赤ちゃんにとってはとっても大切な中性脂肪!

“中性脂肪”…大人にとっては耳をふさぎたくなるワードですね。でも、赤ちゃんにとっては母乳中に含まれる中性脂肪は発育・成長にとって大切な栄養源です。

しかし赤ちゃんは、本来、この大切な栄養源となる“脂肪”(このうち99%を占めているのが中性脂肪)の消化が、様々な栄養素の中でもいちばん苦手なんです。

母乳中の中性脂肪には、“パルミチン酸”という赤ちゃんにとって大切な脂肪酸が多く含まれるんですが、、消化中に遊離脂肪酸となってミネラル分と結合してしまうと、とても吸収が悪くなってしまうんです。

そこで、母乳中のパルミチン酸をしっかり吸収できるように、“グリセリン”という物質が活躍してくれているんです。
そもそも中性脂肪は、このグリセリンという3つの手を持った物質に、いろいろな脂肪酸が結合してできています。その中の特定の手と結合した構造をとることで、パルミチン酸が遊離せず、ちゃんと効率的に吸収できるようになっているんです。

母乳には、大切な栄養源となる“中性脂肪”を、赤ちゃんがしっかり吸収しやすいカタチで用意されているんですね。

母乳のヒミツ一覧

pagetop

../..

http://mamecomi.jp

/research/milk/22

OPEN

0