menu
ログイン
home > 母乳研究  > 母乳のヒミツ  > ママの食事によって母乳の成分は変化するの?

母乳のヒミツ

ママの食事によって母乳の成分は変化するの?

日頃のママたちの食生活が母乳成分にも影響するというお話を5号でもご紹介しました。実は母乳には、食事によって影響されやすい成分と影響を受けにくい成分があるんです。

影響を受けやすい成分としては、脂肪酸組成やビタミンA(皮膚や粘膜の健康維持、胎児の発育)、K(生後、病産院でビタミンK欠乏症予防にビタミンKシロップが投与されるのでご存知のママも多いでしょう)、E(抗酸化作用、細胞の健康維持)などの脂溶性の成分などが知られています。特に母乳の脂肪酸の中でも赤ちゃんの脳や神経の発育に大切なドコサヘキサエン酸(DHA)の量は、DHAを豊富に含む魚介類の摂取量に影響されやすいことが知られています。

一方、影響を受けにくい成分として、カルシウム(骨の形成に重要)や、鉄(赤血球を作るのに必要)などが知られています。これらの成分は、ママの体内に貯蔵の仕組みがあるため、短期的な摂取の影響を受けにくいことが知られています。

いずれにしても、日頃からママがバランスの良い食事を摂ることがとても大切です。

母乳のヒミツ一覧

pagetop

../..

http://mamecomi.jp

/research/milk/26

OPEN

0