menu
ログイン
home > 母乳研究  > 母乳のヒミツ  > 母乳が病原菌に対するバリア機能を強化?!

母乳のヒミツ

母乳が病原菌に対するバリア機能を強化?!

赤ちゃんのカラダはとてもデリケートだし、いろんな器管も未熟です。

でも母乳には外から侵入してくる病原菌やウイルス・アレルゲンに対して、赤ちゃんのおなかの中で戦ってくれる成分が!!

その活躍の舞台は消化管。消化管には栄養素を取り入れるはたらきと同時に、外界から侵入しようとする病原菌やウイルス・アレルゲンなどを排除するはたらきがあるんです。この赤ちゃんの未熟な消化管に攻め込もうとする病原菌等に対し、「リボ核酸」「ポリアミン」「スフィンゴミエリン」という3つの母乳成分が、消化管の細胞を成熟化させ、バリア機能を強化してくれるんです。

特にリボ核酸とポリアミンはアレルギー予防にも!ちなみに母乳で育った赤ちゃんが5歳になるまで追跡調査した結果から、アレルギーを発症していない子の飲んでいた母乳はこれらの成分濃度が高かったこともわかっているんです。

母乳のヒミツ一覧

pagetop

../..

http://mamecomi.jp

/research/milk/4

OPEN

0