menu
ログイン
home > 母乳研究  > 母乳のヒミツ  > 赤ちゃんの肌がスベスベなのはなぜ?

母乳のヒミツ

赤ちゃんの肌がスベスベなのはなぜ?

赤ちゃんのふわふわスベスベな肌に触れると、なんだか幸せな気持ちになりますよね。

そんな肌がどうしてつくられるのか…その真相を探ると、実はそんな肌を形成する成分のひとつと考えられているのが「スフィンゴミエリン」という成分。もちろん母乳成分のひとつで、その構造に肌の必須成分でもある“セラミド”などが含まれているんです。
最近の研究ではスフィンゴミエリンを摂取することで皮膚の「ハリ」や「つや」などに改善効果が認められることも報告されています。赤ちゃんのお肌がスベスベなのもスフィンゴミエリンのおかげなのかもしれませんね。

また、脳の発達が盛んな乳幼児期に、脳の神経細胞をつくるための大切な成分として情報伝達に関わるなど、重要な役割を果たしています。

そして何よりスフィンゴミエリンは、赤ちゃんの未熟な消化管を成熟化させ、バリア機能や神経形成に影響を与えるなど、新生児の消化管の発育(免疫機能の強化)になくてはならない存在なんです。

スベスベ肌の真相とはいっても、これから寒さも増し空気が乾燥してきますから、赤ちゃんの肌ケアにも気をつけてあげてくださいね。

母乳のヒミツ一覧

pagetop

../..

http://mamecomi.jp

/research/milk/69

OPEN

0