menu
ログイン
home > 母乳研究  > 母乳のヒミツ  > 赤ちゃんの脳の成長に大活躍!そのすごい栄養素って?

母乳のヒミツ

赤ちゃんの脳の成長に大活躍!そのすごい栄養素って?

母乳中には、糖と脂質が結合した「糖脂質」という成分があります。この糖脂質には、赤ちゃんの脳の成長や外界からの病原体の付着を防御するといったはたらきがあるんです。

そのうちのひとつが「ガングリオシド」という栄養素。

実はこのガングリオシド、私たちの毎日の食事から摂取することができるんです。
では、食事から消化吸収されたガングリオシドにはどんなはたらきがあるのか。これまで世界中で多くの研究者がその解明に取り組んできました。

その結果、例えばラットを使った動物実験では、ガングリオシドを多く食べたラットの赤ちゃんは、より早く身体が大きくなり、賢く育つことがわかりました。さらに、妊娠・出産したラットにもガングリオシドを多く食べさせたところ、赤ちゃんラットの脳の成長が良くなったとも報告されています。

このようなはたらきは、ヒトでも確かめられています。例えば、ガングリオシドが多く入った粉ミルクを飲んだ赤ちゃんは、ふつうの粉ミルクを飲んだ赤ちゃんよりも賢くなり、母乳で育てた赤ちゃんと同じくらいになるといわれているんですよ。

母乳のヒミツ一覧

pagetop

../..

http://mamecomi.jp

/research/milk/20

OPEN

0