menu
ログイン
home > 母乳研究  > 母乳のヒミツ  > 栄養ドリンクだけじゃない…赤ちゃんには母乳でタウリンを!

母乳のヒミツ

栄養ドリンクだけじゃない…赤ちゃんには母乳でタウリンを!

特に暑い季節はパパもママもお疲れ気味…そんな時に飲みたいのが栄養ドリンク。これらには、よく「タウリン配合」とうたわれていますよね。

あのタウリン。実は赤ちゃんにとっては脳や神経の発達、光の刺激に対する網膜機能の維持、神経伝達機能の調節などにおいてとても重要な役割を果たしている成分なんです。また、消化吸収に関連する胆汁酸の原料としても利用されます。

しかし、赤ちゃんは必要量のタウリンを体内で合成することができません。だから母乳からの供給が不可欠なんです。

ビーンスタークの調査・研究では、特に初乳に多く含まれていることがわかっています。また、昼間と夜間では、昼間の母乳のほうが多いこともわかっています。光の刺激は睡眠・覚醒リズムの形成にも影響を与えるため、光にさらされる昼間に母乳を通じてより多くのタウリンが供給されることは、赤ちゃんにとってとても理にかなった成分量の変動ともいえますね。

ビーンスタークでは、1984年から粉ミルクに配合。現在では世界標準になっているんですよ。

母乳のヒミツ一覧

pagetop

../..

http://mamecomi.jp

/research/milk/30

OPEN

0