menu
ログイン
ママ栄養士の子育て耳より情報

ビーンスタークのママ栄養士が子育て情報を紹介します!

育児日記のススメ

こんにちは!ママ栄養士まっきーです。
2月に入り、寒さも一層厳しくなって参りました。この時期流行するインフルエンザも、1月中旬には、大きな流行の発生・継続が疑われる「警報」が各地で発動され、予断を許しません。ご家族みんなでインフルエンザを予防していきましょうね。

さて、皆さんは育児日記をつけていますか?
我が家では1歳まで記入をしました。性格的に“継続”が苦手なまっきーですが、姉妹それぞれ3冊の日記を記入し、今振り返っても、「記入してよかったな」と思うことばかりです。
“思い出に残る”もそうなんですが、“便の回数”や“体温”など生活の記録をすることで、病院へいつ受診するか…などの判断基準にもなりました。

なかなか育児日記が継続できない…という方のために、“日記帳の選び方(書き方)”のポイントを伝授したいと思います。

1)記入項目が多いもの・フリースペースの多いものは避ける
 記入項目・スペースが多いと、そのスペースを埋めなければいけないという義務感がでてきます。
フリースペースは一言記入できるくらいで十分です。

2) “便の回数”や“体温”など生活の記録は記入項目があるものがオススメ
 必要な生活の記録は記入欄があることで、記入もれ防止につながります。便秘気味の赤ちゃんは「この間、出たのはいつだっけ??」が防げます。

3)1日記入を忘れても気にしない…
 生活の記録はかけなくても、“その日のトピック”などは後からでも思い出せると思います。フリースペースにちょこっと書くだけでも、「よし」としましょう。

4)目のつくところに保管しておく
日記帳はしまいこまず、目のつくところに置いておくと、空時間にささっと記入ができます。今はスマホアプリから記録できるものもあるので、好みで選択してくださいね。

いかがでしたか?「これなら続けられそう」というママもいるのでは?
健康管理が一段と重要になる季節です新年も始まったばかり…この機会に是非チャレンジしてみましょう。
フリーダイヤルお問い合わせ

ママ栄養士の紹介

ゆっきープロフィール

産婦人科施設での妊産婦さんへの栄養相談やベビー専門店・ドラッグストアでの育児相談の経験を豊富に積んだ、ビーンスタークの栄養士が担当します!自身の子育て経験やまめコミ相談室に入った声などを皆さんに紹介していきます。


まっきープロフィール

こんにちは!ママ栄養士まっきーです!二度の出産・育児休職を経て、ビーンスタークの栄養士として活躍。ママへの栄養アドバイスの経験を活かし、子育て耳より情報を担当しました。

フリーダイヤル お問い合わせ
pagetop

../..

http://mamecomi.jp

/calendar/macky/61

OPEN

0