menu
ログイン
home > 妊娠〜育児カレンダー > イベントカレンダー > 戌の日の安産祈願(帯祝い)
home > イベントカレンダー > 戌の日の安産祈願(帯祝い)

イベントカレンダー TOPへ戻る

戌の日の安産祈願(帯祝い)

いつ?

妊娠5か月頃

どんな行事?

戌の日(いぬのひ)の安産祈願は、安定期に入る妊娠5か月目の戌の日に安産祈願をするという日本の伝統行事です。一度にたくさんの赤ちゃんを産み、比較的安産だと言われている「犬」にあやかって戌の日に行うとされています。

日本の暦は、日ごとに十二支が割り当てられていて、戌の日は12日毎にめぐってきます。妊娠から5か月に近い戌の日をチェックしておいて、ご家族やママの体調次第で日程を決めると良いでしょう。

戌の日の安産祈願では、神社や寺院で初穂料を納め安産祈願を行い、「腹帯」を受け取ります。この「腹帯」は、「帯親」と呼ばれる子宝に恵まれた夫婦の奥様に安産を願って巻いてもらうというのが通例だと言われています。

略式・トレンド

戌の日の安産祈願で巻く腹帯には、おなかを温めるなどの役目があるとされています。最近では、岩田帯と呼ばれる伝統的な「腹帯」だけでなく、ガードルタイプやコルセットタイプなど様々な「腹帯」が使われています。

「腹帯」は場合によってはお腹を圧迫してしまったり、ママの体調によっては思わぬ事故の原因になる場合もあります。事前にお医者さんにしっかり確認してから日程や「腹帯」のタイプを決めるのがおすすめです。

また、古くは妊婦側の母親が同席するのが伝統だったようですが、最近ではパパママ2人だけで行う人や、ママ友と一緒に行う人など、だれといくかも様々なようです。自分に合った無理のない計画を立てたいですね。

pagetop

../..

http://mamecomi.jp

/calendar/event/01

OPEN

0